ランゲブースター博物館ドレスデン輝かしいの繰り返しに改装

  ランゲの歴史とドレスデンは密接ドレスデンは時計 人気 ブランドシニアドイツの栄光の過去を代表して、リンクされています。ドイツの再統一によって、ドイツの時計産業は、栄光を示すために、世界で再。最近では、博物館の改修工事のランゲフルサポート、ドレスデンの過去の栄光を追求しています。



    ドレスデン州立アートコレクションディレクターハートウィグフィッシャーは4月14日、コアの一つで2013年 "ザクセンの歴史上の数理物理パビリオンの再オープニングだけ、言った。腕時計、自動機械、双眼鏡、世界中を含む400以上の展示品のほぼ倍コレクション以前より科学歴史的に有名な博物館。ここでは天文とタイミングサービスを提供することであった、当時の世紀で最も権威のある機関の18の半​​分は、ドレスデンの時計精度の発祥地とみなされている。

数理物理パビリオンクロックコレクション

    このパビリオンは、歴史的なランゲに特別な意味があった。およそ180年前、若いフェルディナンドアドルフ·ランゲ(フェルディナンドA.ランゲ)は時計 販売への情熱に影響を与えた。彼はザクセン州世界最高の時計を作ることを約束し、その野心は、ドレスデンに開始されます。

ランゲのCEOヴィルヘルム·シュミットと数理物理学パビリオンディレクター博士ピーターPlassmeyerの会話

    ランゲのCEOヴィルヘルム·シュミットは、その文化のルーツに敬意を払うための方法として博物館ランゲためのスポンサーを述べた。彼が言及していた:多くの著名なレベルの概念の歴史の展示の順序は、新しい展示、私は特にドレスデンとザクセン今日の精密時計製造、開発の初期の歴史のギャップを埋めることを嬉しく思います。

新しい展示: "42500"、1902年に立ち上げは、これまでで最も複雑なランゲの懐中時計です。

    全体の時計のコレクションシリーズを通して、1902年に発売し、 "42500"はランゲは、常に最も複雑な懐中時計を生産している、世代前時計の技術とプロセスを強調しています。現在シリーズランゲ1の時計から取ら一つは、四年のドイツ再統一後にマークされた、ブランドは再び新しい時代を満たすためにサクソン精密時計製造業界に戻ります。

ランゲについて

    フェルディナンドアドルフランゲ(フェルディナンドA.ランゲ)は、時計製造サクソンが基礎を築くこともあり、1845年に彼自身の時計工場を設立しました。彼は今日、精密懐中時計を作ったときまだ高く、世界中のコレクターの間で引っ張りだこ。第二次世界大戦後、ランゲセンテニアルは没収東ドイツ政権の没収を受けた。ウォルター·ランゲ(ウォルター·ランゲ)、創業者のひ孫、そして1990年にランゲの回復への道を開始する機会をつかむ。今日では、ランゲは最高品質のゴールドやプラチナのおしゃれ 時計の作品の何千も、惜しみなく手で装飾され、排他的な動きを組み立て装備すべてを生産年です。 20年間で、ランゲは世界でシニア時計ブランドのリーダーシップを支配し、自己運動の時計工場の40以上のモデルを開発しました。実りブランドは、最初のカレンダー表示ランゲ1と、様々な革新的な時計を発売し、そして読みやすく、正確ランゲZEITWERKジャンプワードデバイスを持っています。どちらの時計もランゲのロゴ時計となっています。


The Langeクロノスイス booster Museum refurbished to a repeat of the Dresden brilliant
  The Lange History and Dresden are inextricably linked, Dresden on behalf of the glorious past of the senior German watchmaking. With the reunification of Germany, the German watchmaking industry re in the world to show glory. Recently, Lange
腕時計 ブランド full support of the the Museum renovation work, in pursuit of the past glories of Dresden.

    Dresden State Art Collections Director Hartwig Fischer said, just re-opening of mathematical physics Pavilion on April 14, 2013 "Saxony history of one of the core. The famous Museum of Science and History than before nearly twice the collection of more than 400 exhibits, including watches, automatic mechanical, binoculars and a globe. Here was to provide the astronomical and timing services, 18 half of the century's most prestigious institutions of time, is regarded as the cradle of precision watchmaking in Dresden.

The mathematical physics Pavilion Clock Collection

    This pavilion has been of special significance to the historic Lange. About 180 years ago, the young Ferdinand Adolph Lange (Ferdinand A. Lange) inspired a passion for watches. He committed to making the world's best watches in Saxony, that ambition is started in Dresden.

Lange CEO Wilhelm Schmid and mathematical physics Pavilion Director Dr Peter Plassmeyer conversation

    Lange CEO Wilhelm Schmid said the sponsorship for the Museum Lange as a way to pay tribute to its cultural roots. He was referring to: the new exhibit, Order of the exhibition of the history of the concept of level more prominent, I am particularly pleased to fill the gap of the early history of Dresden and Saxony today's precision watchmaking development.

New exhibit: "42500", launched in 1902, is by far the most complicated Lange pocket watch

    Throughout the entire watch collection series, launched in 1902, "42500" Lange has always produced the most complicated pocket watch, highlights the technologies and processes of generations ago watchmaker. One taken from the current series LANGE スーパーコピー時計1 watch, marked four years after the reunification of Germany, the brand once again return to the Saxon precision watchmaking industry to meet the new era.

About Lange

    Ferdinand Adolf Lange (Ferdinand A. Lange), founded his own watch factory in 1845, is also the Saxon watchmaking lay the foundation. When he made precision pocket watch today still highly sought after by collectors around the world. After World War II, Lange centennial suffered the confiscation of the East German regime confiscated. Walter Lange (Walter Langeスーパーコピー), the great-grandson of the founder, and grasp the opportunity to start Lange the road to recovery in 1990. Today, Lange is only a year produced thousands of pieces of the highest quality gold or platinum watch, all equipped with lavishly decorated by hand and assembled an exclusive movement. In 20 years, Lange has developed more than 40 models of self-movement watch factory, dominating the leadership of the senior watch brand in the world. Brand fruitful, launched various innovative timepieces, with the first calendar display LANGE 1, and has a legible, accurate the LANGE ZEITWERK jump word device. Both watches have also become Lange logo watches.
[PR]

by nqw7410 | 2013-05-03 11:32